作品 『Let go』について語る!手放しと信頼の大切さとは? | Arte de aco

2019/09/03 19:45

こんにちは! アコです!

いつもBlogを読んでいただいてありがとうございます。


昔やってたアメブロには作品のこともちょいちょい載せていたんですが
こっちになってから商品のことばかりになっているので今日から少しづつ作品の事も書いていこうと思います!

作品 『Let go』



本日ご紹介するのは、プロダクトでも人気の
『Let go』という作品です。

サブタイトルは、
 
手放すことで進んで行ける  です。

モデリングペーストという盛り上げ剤を使って、 下地に動きを出しています。  

私の作品はモデリングペーストを使ったものが多いのですが凸凹さすのが好きなのです。

これは、感情って平べったいもんじゃねぇぇ!!!!
という想いが、そうさせているみたいです。

『Let go』は去年出展したアッシュペーフランスの展示会で売れました。

ご購入してくださった方には本当に感謝しています。



手放すことで進んでいける とは?



アナと雪の女王 でもお馴染みの レリゴ〜♫ですが私はそれまでの人生、手放すことって考えたことがありませんでした。


ちょうど30歳を迎える頃に、仕事の疲労から原因不明の発熱が半年以上続き

色々と人生をコントロール出来なくなったんですね。


まずは、思うように言う事を聞いてくれなくなった身体を責めたし、

原因が分からないと言い切る医者を責めたし、

(腫れてもないのに、ひつこく来るな!と言われたこともありました。)

何よりこんなに弱い自分がダメだと責めたのでした。


それでもなんとかコントロールしようとしたら、強制終了が来ました。


身体が動かなくなって、声が出なくなり、喉が腫れあがり、ずっと発熱。。。


そんな時に、鍼灸の先生と出会いました。

(この先生はマジ名医で日本と中国両方の鍼の資格をもっています。地元広島の先生ですが

窪事洋介さんとかも来院されてます♫)

 


先生は、初めて私の痛みや腫れを理解してくれました。


「腫れてるね。これはひどいよ。

これはね、医者には分からないんだよね。」


と言われたのを強烈に覚えています。


先生が神に見えたし、それと同時に

痛みが続いて辛すぎた私に、

あんなに偉そうな横柄な態度で葛根湯を処方しただけで診察料を堂々ととる医者にムカついたのでした。


それまでの私は、不調が出たら病院で点滴や薬でしょ?という考えでした。


実際、当時の私は毎日ステロイドの点滴を打って仕事へ行っていました。

(熱にも喉の腫れのも全く効果なく、完全に気休めでした)


でも、鍼灸の先生は、不調とは身体全体の気のバランスが崩れているというサインであり、


患部だけに何か施したとしても一時的に上から蓋をしているにすぎないんだよ。 


という事を教えてくれました。 


この考えは全く持ったことがなかったので、

すごくビックリしました。


身体全体のバランスか。。。

考えたことなかったけど、

確かにこれこそ本質的な真実だな。。。

と思いました。


そして、そう考えると身体に感謝もせずに、

自分でどうにかコントロールしてやろうとしていた

自分の傲慢さにも気づきました。


これらの古い価値観を手放した時でした。


手放すって、それまではネガティブなイメージだったんですが

手放すという事は、とてもポジティブな機会なのだと初めて思いました。


そしてそこから気持ちも楽になり、 鍼灸院へ2年ほど通い身体は元気を取り戻したのでした。


手放す為には信頼が必要



私の話が長くなりましたがw
皆さんにも手放したい古い価値観があるのではないでしょうか?

私もあれを機に、手放したいのに手放せない古い価値観に気づきやすくなりました。

人生には慣れ親しんだものを離れ、
しがみつきや執着に関する問題に直面するような状態は結構あるのではないかと思います。


手放したいのに手放せないとき必要な事
それは『信頼』なのではと思います。


それは人生の色々な極面で言える事なのではないでしょうか。

自分を優先させても、
はなお自分を愛すると信頼できるか、
できないか。

同じように、人を信頼できるか、できないか。

ある状況が上手くいくか試すために、
とにかくやってみるか。

それとも上手くいかない可能性についてくよくよ悩み、苦しむという別の道に向かうのか。


人生の大きな全体像の中で、病気や年老いたり、
何かが起ころうとも
人生が面倒を見てくれると信頼するか、
それとも

「もし、〜したらどうしよう』

と起こりうる可能性を心配し、計画し、準備し
今を生き損なって半生を過ごすのか。


自分の置かれた状況を信頼して、執着を手放すことはとても高度な学びだと思いますが、
信頼して手放すことで、にエネルギー軽さが生まれ、生きやすくなっていくのではと思います。


この作品は、いつも私に
『また執着していない?』と問いかけてきます。

もちろん今の私の課題も、更なる手放す事でありますw

まとめ。


作品紹介とか言って、手放すことについて
ひとりで熱く語っただけでしたがw

このような想いや体験が元になって生まれた作品です。

今後も絵の紹介と共に、私の想いを書いていけたらと思います!

Let goは、どのプロダクトも本当にオススメです!

手軽に手に取りやすい物から、是非絵のある生活を楽しんでみてください。