acoセレクト書籍も楽しめる!有隣堂アトレ恵比寿店 POP UP SHOPで秋を楽しむ! | Arte de aco

2019/10/13 00:03


こんにちは。
アコです。

地球規模最大と言われる台風で
本当に大変な夜でした。

みなさん、大丈夫でしたか?

こちらにきて、沢山の関東の友人が出来ました。

被害が少ないことを祈るばかりです。


今の時代、
人間は何でも出来る。
と過信しすぎていると思うんだけど、
結局は天災には抗えないし、
神に生かされている存在なんだな。
と改めて思うものです、、、。

みなさんの被害が少なかったことを祈るばかりです。

さて、本日は
台風上陸の丁度前日にスタートした
POP UP  SHOP のご案内です。


この度は、有隣堂書店のアトレ恵比寿店さんで2回目の POP UP SHOPとなります。


acoセレクトの書籍を楽しめる


前回の POP UP SHOPとの違いは、
売り場面積が倍になった事と、
acoがセレクトした書籍を一緒に置いて頂いてることです(^^)

今回は私の好きな画家さんの書籍をセレクトしました!

自分の生き方を探してる人には

小松美羽さんの
「世界のなかで自分の役割を見つけること」

が、オススメです!
小松美羽さんは、日本の風土が生み出すものにこだわる、
世界的な日本のアーティストです。
瞑想をして神と繋がり、そこから降りてきた守り神たちを描きます。

何度かライブペイントを観に行ったことがありますが、

圧巻ですし、エネルギーに感動します。

そんな彼女ですが、はじめから順風満帆だったわけではなく、、、、

彼女の生き方が書かれた本です。

作品集もぜひ♫


そして、またまた巨匠の草間彌生さん


「不思議の国のアリス 草間彌生」


この本はルイス・キャロルによる原作「不思議の国のアリス」と、

草間彌生さんが出会い、全く新しいアリスが誕生してます。


草間さんによる鮮やかな挿絵がたっぷり入って読むごとにワクワクしちゃいます。

お馴染みのアリスのキャラクターに囚われない自由な着想のアートによって、

他の「アリス」では味わえない開放感や楽しさを感じることができます!


また、アリスが不思議の国ので伸び縮みする場面では、

文字が大きくなったり、小さくなったり、斬新なタイポグラフィーも魅力です!


草間彌生さんといえば、可愛い水玉模様!

というイメージですが、長年 統合失調症を患われており、

そのような精神的な持病による幻覚や幻聴の恐怖から身を守るために、

作品全体を水玉で埋め尽くす儀式として行われている。

と言われています。


アートとは、やはり人間の苦しみや、深い闇が生み出すパワーも大きいのだと思います。


余談ですが、草間彌生さんがカボチャをよくモチーフとして使う理由は、

草間彌生さんにとってカボチャは、言わば守り神のような存在だからだそうです。

幼い頃、幻覚や幻聴で苦しんでいる時に、

祖父の畑にあったカボチャを抱きしめることでとても落ち着いたそうです。


カボチャのモチーフには、そのような理由があったんですね!

アートには、作家の人生そのものが現れるんだよなぁ、、、と改めて思います。



そして今回私がめちゃくちゃオススメの本は

ミラこと 橋下一枝さんの


「瞑想アート」


です!!


彼女は2017年に事故で亡くなられたのですが、

武蔵野美術大学を卒業後、スペインに渡り、

その後さらにインドへ渡り

1974年にインドの神秘家OSHOの弟子となります。

そして彼の示唆によりOSHOアートスクールを設立し、アートワークショップの指導を世界各国で始めます。


彼女のワークは、瞑想とアートを結びつけて、

自分の内面を探るものです。

アートとは、難しいものでも、上手くやろうとするものではなく、

ただ自分の中にあるものを感じて出していくことだ。

と、心の底から思わせてくれる本です。

なかなか説明が難しいのですが、今回の書籍で

私が1番オススメしたい本です(^^)


あとは、好きなスペインの画家

ピカソやダリの書籍もセレクト♫


有隣堂恵比寿店の書籍は、目の前のスターバックスでコーヒーを飲みながら試し読みをすることが可能なんです(^^)

ぜひスタバでacoセレクトの本にも目を通してみてください!


原画を楽しむ

今回は原画を4作品展示しています。
画像では感じる事の出来ないエネルギーや
凹凸を感じてみてください




『Energia』
2014

スペインへ行った時に感じたエネルギーを表現してみた。

バルセロナの空気が好きだった。

バルサの応援に夢中で昼からワイン片手に楽しむおじさん達。

ショッパーに適当に投げ入れられる買った服。

ガウディやピカソのカラフルでユニークなアートたち。

スリが多発した地下鉄。

自分を楽しく生きていいのよ。
て言われてる気がしたスペイン。



「受入」
 2015

受け入れることは、なかなか難しいものさ。
でも、受け入れることで全てが動き出す

「feel」
2018

意識を自分の内側に向けて、ただ感じてみよう。
外側ばかりに向かっているときこそ。

「楽な方を選ぶ」
2018

楽な方を選ぶ事は、甘えだ。と思う人ほど

楽な方を選択して欲しい。



プロダクトを楽しむ

今回は無人のPOP UP SHOPで初めて
人気のシルクストールとヘアターバンを販売します!!

商品は全て日本製にこだわり、
主に地元広島県の職人が織る尾道頒布を使用しています。
素材の良さもお楽しみください。

私がArte de acoというプロダクトブランドで皆さんに伝えたい事は

『今の感情を認めて表現することの大切さ』

です。

これは、ブランドのサブタイトルにもしています。


私は、幼い頃から人の顔色を伺ってい生きてきた人間でした。
もともと敏感すぎるという質もあったようで
人の望みや機嫌ばかり伺い生きてきました。

人が望む行動や発言をする事で愛されるのだ、と
幼い頃に学習したようです。

そうする事で何が起こったかというと
人のことばかりに意識がいき
自分が何を感じているのかが分からなくなってしまったのです。

30歳になるまでは、この、自分が何を感じているのかが分からない。
という状態にさえ気づいていなかったんです。

だけど、ある時、なんで私には好きな事がないのか?
好きな事が分からない。
と気づきます。


そんな時に、大病を煩い、仕事どころか日常生活もできなくなってしまいます。

始めは職場に迷惑をかけてしまう、みんなから非難されてしまう

早く治したい!!!と思っていました。

そして毎日ステロイドの点滴を打って働いていました。


ですが、想いとは裏腹に、病状はどんどん悪化してし、ついに起き上がる事もできなくなりました。

それでやっと、体をコントロールすることばかり考えていた自分に気づきます。


本当に大切なことは、

自分の身体の声を聞くことでした。

そして、その時の私の

休みたい。

という想いを、まずは認めることでした。


これは、私のなかで大きな気づきでした。

それからは、

一生この病気が改善しなくても

私は何をして生きれたら幸せなのか?

と考えるようになりました。


そして、
あー、昔は絵を描く事が幸せだったな、、、。
描いてみようかな。
と、思い描き始めました。
私は、絵を描く事が特別好きという程ではありません。
ただ、絵を使い、自分の中にある感情を認め、表現して、
それを見た人と感情の共有ができる事が何よりも嬉しいし、生き甲斐です。

どんな自己啓発本よりも、プロフェッショナルといわれるカウンセラーに相談するよりも、
自分の本当の感情を認めて、それを表現する事は自分自身を正しい道に導いてくれると思います。
なぜなら、答えは自分の中に元々あるからです。

他人軸で生きてきた人は、なかなかすぐには自分軸で生きるのは難しいかもしれません。
私もそうです。

なので、なのでそんな方にはぜひ、私の絵を使って
今の自分を認めて表現すること、をスタートしてみて欲しいです。
もしも、パッと気になるップロダクトがあったとしたら

この柄は私らしくないかも。

とか、

持ってるアイテムに合わないかも。

とかお馴染みの頭で考えるのではなく
ただただ自分のその時の直感を認めて、それを選んでみてください。
そして、プロダクトに入っているタイトルカードを読んでみてください。

私は、その時の感情を絵に表現しています。
プロダクトには、それぞれタイトルカードが入ってます。
メッセージ性を是非楽しんでみてください。

ちなみに私の病気は今も持病ではありますが、
良い鍼灸の先生のもとに何年か通ったことにより
症状が落ち着き、今はうまく共存してます。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋を満たせる
POP UP SHOPとなってます!!

え?食欲の秋??

そうです、目の前のスターバックスさんで
秋の新作ビバレッジやフードも楽しんでくださいませ〜♫

皆様のご来店、お待ちしています(^^)

Arte de aco 
POP UP SHOP

2019.10.11〜11.7

アトレ恵比寿 5階
有隣堂書店


Arte de aco

〜絵のある生活〜

作品の一部を切り取って生まれたプロダクトたち

今のアナタの直感でアートを身に付ける

今の感情を認めて表現することの大切さ